『リングフィットアドベンチャー』でおっさんが痩せるか観察するブログ(5)

リングフィットアドベンチャープレイ日記5

最初に書いておきますが……本日ご報告する“大塚角満のカラダデータ”は衝撃の結果になっておりますので、いまから覚悟しておくといいですよ……。

さて。

Nintendo Switchで、激しく、楽しいエクササイズを堪能できる新機軸ソフト『リングフィット アドベンチャー』を使って、薄毛、四十肩、加齢臭、ふしぶしの痛みに悩まされる48歳中年男性がダイエットできるのかどうかを見守るブログ……も、早くも5回目となりました!! 初めてお越しの方は、ぜひともバックナンバーからチェックのほどを!

というわけで、本日もフィットネスしちゃいますよ!!

これまでのおさらい

前回の日記では、このソフトのストーリー上の宿敵となる“ドラゴ”と戦ったことを書いた。

戦う方法はもちろん、全身の運動をゲーム中の攻撃に反映させた『リングフィット アドベンチャー』ならではのものだ。

リングフィットアドベンチャー

この“アドベンチャーモード”がゲームのメインになっているので、ユーザーはまずは、このモードを楽しむはずである。

ミニゲームだけを楽しむ!

しかし、ストーリーを追っていくとなるとテキストを読まなきゃだし、世界観にも没頭しなきゃだし……ってことで、敷居の高さを感じてしまう人も出てくるはず。

「もっと手軽に、ゲームを楽しめたらいいのにな」

なんてことを思ったあなた!! じつは朗報があるのだよ。

さすが任天堂はそういうライトな使い方もしっかりと考慮し、お好きなミニゲーム(もちろん、エクササイズになってるけどw)を自由に遊べるモードも用意しているのだ!! それが↓こちら!

リングフィットアドベンチャー

もう、見るからに楽しそうwww さっそくやってみました!

カラダデータに、大きな変化が!

『リングフィット アドベンチャー』に収録されているフィットネスは、じつに60種類。それらはすべて、公式サイトによると、

“収録されているフィットネスは、すべて専門家が監修。筋トレ系・リズム系・ヨガ系などのジャンルや、腕・お腹・足など鍛える部位もさまざま。自分に合った運動を選んで、効果的に体を動かしましょう”

とのことで、じつに頼もしいのだ。

→『リングフィットアドベンチャー』の公式サイトはこちら!

では、いくつか遊んでみる。

リングフィットアドベンチャー
リングフィットアドベンチャー

これは“バランスウォーク”。リングコンを腹筋に押さえつけながら左右に身体を傾け、障害物をよけたり、コインを取ったりするゲームだ。簡単そうに見えるが、腹筋をキチンと意識しつつ身体を傾けているとすんげえ疲労がたまり、地味ながら「けっこう運動してんな!」と思わせられる。

続けて↓こちら。

リングフィットアドベンチャー
リングフィットアドベンチャー
リングフィットアドベンチャー

“ボックスブレイク”という、腕の筋肉を鍛えるフィットネスだ。リングコンを押し込むと空気砲が放てるので、そいつで目の前の木箱を片っ端から壊していく。これがまあ……とんでもなく疲れる運動で、一夜明けた今日、両腕の筋肉疲労がデカくて記事を書くときにミスタッチばかりしているよ(苦笑)。

これらのミニゲームの結果は、

リングフィットアドベンチャー

記録され、友人や家族、さらに世界のプレイヤーとスコアを比べることもできるのである。

どのフィットネスもおもしろくて、はぁはぁ言いながらいま遊べるものはすべて試してしまった。ミニゲームにハマると、結果的にアドベンチャーモードを進めるよりも運動量が多くなる気がするよ。

さて、そんなおじさんのカラダデータです。

前回、前の日の暴飲暴食が祟って体重も体脂肪も“微増”してしまったわけだが、なんと今回は……!!

【大塚角満のカラダデータ 2019年10月25日】

・身長:173センチ
・体重:79.65キロ(-1.7キログラム)
・基礎代謝:1835キロカロリー(-40)
・内臓脂肪:11.5(-0.5)
・体脂肪率:27.80%(-1.09)
・筋肉量:39.7%(+0.3)
・骨量:3.0キログラム(±0)
・水分量:49.1%(+0.7)
・BMI:26.6(-0.6)

うおおおお!!! めちゃくちゃ久しぶりに体重が70キロ台になったぞぉぉおおお!!!

……もちろん、これがすべて『リングフィット アドベンチャー』のおかげだとは思っていない。

というのもじつは俺、1ヵ月ほど前から、あんなに大好きだったビールをいっさい飲まなくなっていて(なんとなく始めたビール断ちが、いまも続いている)、酒はもっぱらレモンサワーと焼酎になっているのである。なのでウチのスタッフに言わせると、

「やったな!!! ビール断ちの成果が出てきたやん!!!」

ってことなので、まだまだ注意深く見守る必要がありますw

続く。