【ドラクエビルダーズ2プレイ日記2】おおなめくじは、今日もおおなめくじだった

『ドラゴンクエストビルダーズ2』プレイレビュー 第2話

なんだかんだで今回もスタートダッシュに失敗し、いつもの通りののんびりモードで『ドラゴンクエストビルダーズ2』の世界に足を踏み入れた。

いやしかし……!

わかっちゃいたけど……!!

このゲーム、最高に楽しいぃぃいいいい!!!!

俺がクロスレビュー担当だったら、11点つけたいわ。もう、からっぽ島に立ってるだけでうれしい四角い山のどてっ腹に穴を掘っているだけで、ウレションするくらい楽しいよ。

ゲームを起動したらまずは、体験版で遊んだ部分のおさらいプレイである。

「体験版からセーブデータを移行できないの!?」

と気色ばむ向きもあるかと思うが、改めて今回のゲームの舞台と世界観を頭に叩き込む意味で、おさらいプレイは大歓迎でありました。

モノづくりのやり方、壊し方、モノを移動させる方法、モンスターとの戦い方などなど、ゲームを進める上で最低限必要な知識を、ここで身体に染み込ませる。……ま、そんなに意識しなくても流れでできるようになるので、画面に出る導きに従って対応するだけだけどね。

というわけで、一瞬で体験版で遊んだ部分を消化し、いよいよゲームの本編に突入したぞ!! ここからいよいよ、クラッシュ&ビルドな毎日が始まるのだ!!

「さあさあ、何をやろうかな!! ストーリーを進めるか?? それともいきなり、バベルの塔みたいな壮大な建造物を建立しちまうか!!?

膨らむ夢--。

『ドラゴンクエストビルダーズ』の無辺の大地は、意欲と希望で満たされている。

メインストーリーを進める自由、シドーといっしょに未開の地を冒険する自由、ひたすらモンスターを倒しまくる自由、そして、何もしない自由……。1本のひのきのぼうと1本のハンマーに、ちょびっと創作意欲をふりかければ、立派な“ビルダー”の完成である。

「よーし、今日は島を探検しよう!」

そう決めた俺はのこのこと拠点を飛び出し、四角四面の大地を闊歩し始めた。

そして、こいつに遭遇した。

べろ~~~ん……www

『ドラクエ』ではおなじみ、“おおなめくじ”である。シリーズを通していわゆる“ザコ”であり、大した攻撃はしてこない。それは、『ドラゴンクエストビルダーズ2』でも同じようだが……こいつ……。

こんなにデカかったの?w

ていうか、なんだか表面がテカテカのぬるぬるな感じが妙にリアルで、要するに……すんげえ怖いんですけどwww

「うっは……。なめくじ、でっか……」

『ドラクエ』はもともとがファミコンのシリーズだったこともあってか、おなじみのモンスターであっても、その大きさをなかなかイメージできない。スライムやドラキーに関してはなんとなく、

「まあだいたい、このくらいの大きさなんだろうな」

と想像ができて、『ドラクエビルダーズ』でも想定の範囲内の大きさで登場してくるが、このおおなめくじに関しては想像を絶していた。デカい。デカすぎる!!

でも、これがいい。

序盤の序盤に出てくる何の取り柄もないモンスターだけど(ヒドい言い方だが)、その存在感だけはピカイチで、やっつけな感じがまったくしない。キチンとこの島で生きていることを主張している気がするのだ。

「うん、いいぞいいぞ! おおなめくじ、最高だ!!

事務所でニヤニヤしながら念仏を唱えていると、スタッフの女性にこんなことを言われた。

「この人、なめくじ見てニタニタしてるわ……。きも……」

う、うるせー!! おおなめくじ、最高じゃねえか!!

こういうところでいちいち足止めを喰らうから、なかなか先に進まないんだよな……w

自覚しつつも、ダラダラプレイは続く……。