大塚角満の熱血パズドラ部外伝 第9話

本日は更新する予定ではなかったんですが、急遽お知らせと、それだけではナンなので軽いネタを……w

大好評発売中の拙著『読む!『パズドラ』 ~大塚角満の『熱血パズドラ部!』ベストセレクション』ですが、付録としてついてくる闇メイメイの超絶パワーアップが発表されて以来、注文が殺到……! その前から書店在庫が少なくなっていたのですが、ここにきてAmazonやセブンネットショッピングなども“予約販売”に切り替わってきたようです。要するに、在庫がかなり怪しい感じに……! まだ楽天など一部のネット通販サイトでは買えるようですので、お求めの方は根気よく探していただければなと……! てか、早く重版してくれ!!!

以上、緊急のお知らせでした。

さて、念願の極小新端末“Jelly Pro”を入手し、パズドラをダウンロードした俺。


「はあはあはあ!!」

と荒い息をつきながらチュートリアルをこなし、パズドラ大感謝祭で送られてきた100個の魔法石を、すべてスーパーアンケートゴッドフェスに突っ込んだ……というところまで前回の日記で書いた。

これがまあ、大塚角満とは思えない見事な引きの良さでね。2体の覚醒ルミエル、ヴェロア、覚醒ハク、覚醒ハーデスなどなど、まもなく迎え入れる新リーダー、闇メイメイの“親衛隊”と言える屈強な闇属性モンスターを続々と引き当てたのである。しかもうれしいことに、大感謝祭用に用意されたスーパーアンケートゴッドフェスから転げ出てきたモンスターたちは一様に、レベルマックス、+297付き、覚醒スキル全びらきと、

「ハイ、こちらに出来上がったものがございます~^^」

と言わんばかりの即戦力っぷりを見せつけてくれている。これで手に入れたモンスターをテキトーに並べただけで、超絶地獄級クラスの降臨ダンジョンを総ナメにできるだけじゃなく、下手すりゃ闘技場も余裕でクリアーできてしまうかもしれない。



そこで俺も、週明けに闇メイメイを迎え入れる前夜祭だとばかりに、即席の覚醒ルミエルパを作っていくつかのダンジョンに潜ってきた。

覚醒ルミエルのリーダースキルは、“闇属性の攻撃力と回復力が2.5倍、ドロップを6個以上つなげて消すと、攻撃力が6倍”というすさまじいもの。

「むずかしいことはええねん! とにかく列で消してくれりゃどうにかするで!!」

そんな、大雑把で豪快な方針のもとでパズルをすれば、まあなんとかなるリーダーだ。

でまあ、自慢の2.45インチディスプレイで、目を近づけたり遠ざけたりしながら(近眼の上に老眼気味なので^^;)ダンジョンに潜っていたんですがね。

これが、まあ……。

わかっちゃいたんだけど…………。

……めちゃくちゃやりにくいぃぃぃぃいい!!!!www

▲ウチのるーさんと比較w るーさんはノルウェージャンフォレストキャットなので基本的にデカいけど、それでもこの小ささはスゴい。

▲それでも、この美しさ!! サクサク動いてくれさえすれば、使い続けたいが……。

いや、これで挙動がサクサクだったら、まだなんとかなるのだよ! この小さな端末も、アプリの起動したてはがんばってサクサクに動こうとするんだけど、わりとすぐに本体が熱を持ってきて、それに合わせるようにパズルの動きがガクガクになるという……w そして、かねてからの懸案事項だったスクリーンショットの解像度の低さも如何ともしがたく……。

そして、導入からわずか3日で、俺は決断するのでした。

「……別の端末にするかーーーー!!www」

このかわいいJelly Proは趣味端末にすることにし、明日にでも新たな相棒探しに行ってまいります^^;