本日は簡潔に、さっぱりとまとめたいと思います。……できるかなw

前回、「『レッド・デッド・リデンプション2』はお仕事が楽しい!!」という旨の日記を書いた。実際、この開拓時代末期のアメリカ西部の荒野には、高度成長期のバブリーな日本もかくや、ってくらい、多くの“しのぎ”が転がっている。メインストーリーを進める片手間に手をつける……って程度でも十分金になるし、楽しいので、

「『レッド・デッド・リデンプション2』を始めたけど、自由すぎて何をしていいかわからねえ……」

と茫然とされている御仁にはぜひ、「積極的に寄り道をしよう!!」と声を掛けていきたいと思っている。

そんな、序盤で受けられるお仕事のひとつに、

“借金回収”

がある。正確には、“高利貸しとその他の罪1”というミッション。拠点“ホースシュー高台”にいるレオポルドに話し掛けると、この仕事を請け負うことができる。

レオポルドが言うには、「何人かに高利で金を貸した。返済が滞っているので取り立ててほしい」とのこと。

ダッチ一家は、ギャングである。その一員であるレオポルドから金を借りるってんだから、相手もひと癖もふた癖もある訳アリ物件に違いない。でも、この手のお仕事は手軽だし、おもしろいので、俺はさっそく借金の取り立てに向かうことにした。

物騒な仕事に向かう途中だが、夜の荒野の風景にじーーーん……と癒されてしまう。

「本当にどこを切り取っても、美しいゲームだな……」

感動しながら、左下のミニマップを確認。負債者には黄色い“Ls”のマークが付けられているので、パカパカとそこに向かえばいいのだ。

「なんかこのゲーム、馬で走っているだけで満足しちゃいそうやな……」

画面を覗き込んで、同僚のたっちーが言った。

「ふふん。すげえだろ。これが『レッド・デッド・リデンプション』やで」

鼻を膨らませてドヤ顔を決め込む俺に、たっちーは呆れ顔で、「オメーが作ったわけじゃないけどな」と吐き捨てた。

そして数分後。最初のLsマークの近くまでやってきた。

ふむふむ。このへんを調査して、返済をバックレている男(いや、女かもしれんが)を捜せばいいんだな。

「なんか、警察24時系の番組っぽくなってきたな! わし、アレ大好きやねん!」

いまやたっちーは、俺以上に夢中になって借金取り立てドラマに見入っている。

「公安や! まるで公安やな!!」

“安室の女”である彼女は、こういった緊迫のシーンが大好物なのである。

そんなたっちーをシカトし、テキトーな家屋に踏み込んでみた。すると……。

1発ツモ! こいつが最初のターゲットのようだ。

「よし……。ここは冷静に、話し掛けるぞ」

誰にともなく、静かにつぶやく。

「うむ。慎重にな」

ハードボイルドな声で、たっちーが答えた。それを合図に、俺は負債者に話し掛けようとしたのだが。

バーーーーンッ!!!!!

突如、俺の拳銃が火を噴いた。凶悪な弾丸は思いっきり相手に命中し、負債者から負傷者に強制転職させてしまったことを加害者(俺だけど)は知ったのだった。

こ、こいつ!!! いきなりぶっ放しやがった!!!! とんでもねえ悪党や!!!!!

たっちーが怒り狂った。俺、顔面蒼白。

ままま、またやっちまった!!!!! いまのところこの手のミッションすべて、挨拶代わりに相手を撃っちまってるよ!!!! ていうか、なんでこの状況でぶっ放すんだ!!! おかしいだろ!!!!

誰が撃ったんだ誰が……って話だが、これでは平和裏に終わるはずのミッションまで、凶弾でぶち壊しになってしまう。どうやら一度、冷静になって、ボタン配置を完璧に頭に刷り込むしかないようだ。

ただ幸いなことにこのミッション、相手を痛めつけて金の在り処を吐かせる……という内容だったので、大事には至らず……。


しかしこれ、毎度毎度銃をぶっ放していたら、そのうち取り返しのつかないことになってしまうぞ……。

ストーリーを進めるよりも何よりも、「まずは操作を!!」を肝に銘じた俺だった。

おしまい。

おすすめの記事